国内安全監査(安全パトロール)を実施しました。

福島県の工場において、フォークリフトの使用について、運送事業者との連絡調整など厚生労働省のガイドラインについて指導させて頂きました。
自社で行う場合と運送事業者に使用させる場合の措置等が示されています。
ガイドラインに沿って管理することで、かなりのリスクは下げられるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

アバター

労働安全研修センター