出張講習・安全衛生講習会

トピックス

特別教育

職長安全衛生責任者教育

安全管理者選任時研修

能力向上教育・安全教育

リスクアセスメント

オリジナル講習

特別教育(建設現場事務所での実施も可能です)

危険又は有害な業務を行う労働者に対し、事業者が行う特別の教育です。
特別教育を必要とする業務には研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務など、32項の業務が労働安全衛生規則36条に定めています。 

特別教育(建設現場事務所での実施も可能です)

下記内容は一例です。
※現場事務所へ出張いたします。

◆各種特別教育実施中

<特別教育>

  • ハーネス型安全帯使用従事者特別教育
  • 足場の組立等特別教育
  • 研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務
  • 低圧電気取扱い業務従事者教育
  • クレーンつり上げ荷重が5t未満のもの
  • 携帯丸のこ
  • ローラー(締固め機械)
  • 石綿取扱従事者
  • プレス機械金型取替え
  • 酸素欠乏危険場所における作業に係る業務
  • 有機溶剤取扱従事者
  • アーク溶接機
  • 高所作業車(10m未満)
  • 最大荷重1t未満のフォークリフトの運転
  • 最大積載量が1t未満の不整地運搬車の運転
  • チェーンソーを用いて行う立木の伐木
  • 刈払機安全教育
  • ボーリングマシン
  • 粉じん

少人数でもOK! 日・祝もOk! 数社共同開催もOK!

▲ PageTop

職長安全衛生責任者教育

■ 職長教育、職長・安全衛生責任者教育

安全衛生教育には法令で各種義務付られていますが、近年の安全に対する社会の要望が大変強くなっています。特に、職長教育・安全衛生責任者教育・安全管理者選任時講習など会社の安全管理体制の確立に重要な教育がクローズアップされています。当センターでも様々な安全衛生教育をご用意いたしておりますので、該当される社員様がおりましたら受講いただくようお願いいたします。

■ 職長・安全衛生責任者教育(建設業が対象です)

職長教育に、建設業等における安全衛生責任者に対する安全衛生教育を追加した 「職長・安全衛生責任者教育」です。現場の責任者として元方事業者との連絡調整の他、職長としての職務だけでなく、安全衛生責任者としての職務を的確に果たすための教育です。

<カリキュラム>

業方法の決定及び労働者の配置に関すること
2時間
労働者に対する指導又は監督の方法に関すること
2.5時間
危険性又は有害性等の調査及びその結果に基づき講ずる措置に関すること
4時間
異常時における措置に関すること
1.5時間
その他現場監督者として行うべき労働災害防止活動に関すること
2時間
安全衛生責任者の職務等
1時間
統括安全衛生管理の進め方
1時間

 

■ 職長教育(製造業・建設業他)

作業設備・作業場所の保守管理、異常時の措置、危険性又は有害性の調査等、職長に必要な安全衛生知識についての講習です。
≪関係条文≫事業者は、その事業場の業種が政令で定めるものに該当するときは新たに職務につくこととなつた職長その他の作業中の労働者を直接指導又は監督する者(作業主任者を除く。)に対し、次の事項について、厚生労働省令で定めるところにより、安全又は衛生のための教育を行なわなければならない(法60条)。

<カリキュラム>

法令により12時間になっております。

職長安全衛生責任者教育

▲ PageTop

安全管理者選任時研修

■ 1日で取得可能です。

労働安全衛生法により、一定の業種及び規模の事業場では、安全衛生業務のうち、安全に係る技術的事項を管理させる人物として安全管理者を選任しなければなりません。
平成18年10月1日より安全管理者の資格要件が見直され(安衛則第5条)、厚生労働大臣が定める研修を受けた者の中から安全管理者を選任しなければならなくなりました。

<カリキュラム>

厚生労働省の通達によりきめられていますが、当センターでは1日の研修で終了できるようにカリキュラムを組んでいます。2日間の日程が無理な方は1日での修了証授与ができるので大変喜ばれております。

▲ PageTop

能力向上教育・安全教育

労働安全衛生法第19条の2第2項の規定に基づき事業者が労働災害の動向、技術革新の進展等社会経済情勢の変化に対応しつつ事業場における安全衛生の水準の向上を図るために安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、衛生推進者その他労働災害防止のための業務に従事する者(以下「安全衛生業務従事者」という。)に対して行う、当該業務に関する能力の向上を図るための教育、講習等です。

■ 足場の組立等作業主任者能力向上教育

足場の点検等については、厚生労働省の通達により足場の組立等作業主任者能力向上教育を受けている者等、十分な知識・経験を有するものの中から選任することとなっています。 取得後、おおむね5年を超えている方は、受講をお願いいたします。

■ 玉掛け作業従事者安全衛生教育

玉掛け作業技能講習修了者対象

※カリキュラムについてはお問い合わせください。

■ フォークリフト運転従事者安全教育

※カリキュラムについてはお問い合わせください。

▲ PageTop

リスクアセスメント

職場では多種多様な作業が行われており、その実態や特性を的確にとらえた安全衛生対策が、今、必要になってきています。
労働災害防止のために事業者が講ずべき措置義務については、従前から労働安全衛生法により定められていますが、これらは罰則をもって守ることを強制されている最低の基準であり、これを守っているだけでは個々の事 業場の安全衛生対策として万全ではありません。

それでは、具体的に何をしたら良いのか? 

その答の一つがリスクアセスメントです。
これは職場にある様々な危険の芽(リスク)を見つけ出し、それにより起こることが予測される労働災害の重大さからリスクの大きさを見積もり、大きいものから順に対策を講じていく手法です。

オリジナル講習(新入社員教育3日間コース)

■1日目は雇入れ時教育を実施。
■2日目は危険予知訓練演習を通して安全へアプローチ!
■3日目は特別教育・職長教育等の資格の付与

法令遵守から始まり、演習を行うことで自信を付け、資格の付与でやる気や責任感を持ってもらうプログラムです。内容は貴社の思いを盛り込んだオリジナルプランです。また、特別教育等の選択は貴社に必要なものから選んで頂けます。

 

▲ PageTop

全国どこでも出張講習いたします

これまで、行ってきた、講習会や講演会をご紹介いたします。

「労働安全研修センターがあれば便利だね」、「眠くならない講習会は初めてです」といわれると皆さんの安全について貢献できたと感じます。

講演会や、パトロールで作業員の方とお話をすると、現場の大変さが伝わってきます。実行可能な安全管理を目標に掲げ、書類作成のみが目的の安全衛生教育は行いません。

作業員の方や管理者の方が確実に実行できる活動を目指しています。負担を感じたらご連絡をお願いいたします。 

■ 職長・安全衛生責任者講習

労働安全衛生法第60条において、事業者は労働者を直接指導、監督する者に対し、安全または衛生の教育を行わなければならない。
実施地域(北陸、東海、近畿、関東、東北、北海道、沖縄、年間40件以上)

■ 職長のためのリスクアセスメント

労働安全衛生法第60条において、事業者は労働者を直接指導、監督する者に対し、安全または衛生の教育を行わなければならない。
実施地域(埼玉、他)

■ 足場の組立て解体等作業主任者能力向上教育

平成21年改正規則において、足場の点検が盛り込まれ、事業者指名する要件に、労働安全衛生法第19条の2「能力向上教育」等を受けている等十分な知識経験が問われます。
実施地域(兵庫、沖縄、他)

■ 移動式クレーン運転士安全衛生教育

労働安全衛生法第60条の2及び厚生労働省の安全衛生教育指針に基づき移動式クレーン運転士を対象に、行っています。
実施地域(山形、他)

■ 移動式クレーン運転士安全衛生教育

労働安全衛生法第60条の2の規定に基づく車両系建設機械運転業務従事者安全衛生教育(平成元年5月22日付労働省指針第1号)が公示され、運転技能講習修了後、概ね5年以内ごとに当該教育を行うよう示されました。
実施地域(石川県、岩手県、他)

■ リスクアセスメント講習

平成18年4月1日から、労働安全衛生法28条の2において、業種、規模にかかわらず、リスクアセスメントの実施が義務づけされました。
実施地域(石川、富山、埼玉、他)

■ 石綿取扱作業従事者特別教育

事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければいいけません。
実施地域(石川、富山、新潟、沖縄、大阪他)

■ 低圧電気取扱業務特別教育

平成18年以前に職長教育を受けた方で、リスクアセスメントの科目を履修していない方、または職長教育を受けておおむね5年が経過した人。
実施地域(石川、富山、福井、山梨、名古屋、豊橋、大阪、沖縄、北海道)

 

■ 第2種酸素欠乏危険作業特別教育

(安全衛生法第59条 安衛則第36条第26号 酸欠則第12条)において、酸素欠乏危険場所での作業については、特別の教育を行わなければならない。
実施地域(石川、富山、新潟、名古屋、岐阜、長野、北海道、大阪、京都)

■ 有機溶剤取扱業務安全衛生教育

事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければいいけません。
実施地域(石川、富山、新潟、沖縄、大阪他)

■ ローラー運転者特別教育

事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければいいけません。機体重量に関係なく乗れます。
実施地域(石川、富山、他)

■ 車両系建設機械(整地等)3t未満

事業者は、危険又は有害な業務で、厚生労働省令で定めるものに労働者をつかせるときは、厚生労働省令で定めるところにより、当該業務に関する安全又は衛生のための特別の教育を行なわなければいいけません。
実施地域(石川、富山、他)

 

まずはお気軽にお問い合わせください

 

PAGETOP