安全監査・安全衛生診断・安パト

海外・国内問わず 安全衛生監査及び安全衛生パトロールを実施いたします

安全衛生診断などの、内部では発見することが難しいリスクや、今までと違った視点でのリスク管理を行うことが出来るようになります。

企業風土は長年築いてきた大切なものです。

しかし、時代とともに変わっていく安全衛生への取り組みが企業風土に反映され、維持されていることを立証できなければいけません。

全てを丸投げするのではなく、企画・分析といった業務を残し、外部委託業者と協力して業務を推進することにより、技術やノウハウ、経験が蓄積されないといった弊害は低減されるはずです。

多くの企業が、経営の根幹を支える様々なシステムを外部に委託する時代に安全衛生活動だけを自社のリソースだけで対応すべきと考えず本業に専念するために、極力外部を使用するという方針の方が自然ではないでしょうか。

G.ルボテールらが比較基準を示していますが、下記の基準を判断するうえで安全監査・診断・パトロールは有効です。
的確性の基準 ・適合性の基準 ・効率性の基準
効果の基準 ・一貫性の基準 ・適切性の基準

◆経営資源の有効活用

アウトソーシングを行うことで、社内のリソースを本業に回すことまた、担当者の人的資源をコア業務に集中させ、本業に専念できることにあると言えます。

内部監査の範囲や対象が増加する傾向の中、新たに人を増やすことなく、安定的な監査体制を構築することができます。

◆専門性の高い業務の補完

ノウハウや経験の補完です。監査は、相応のスキルと経験を必要とします。
そういったスキルや経験を外部より調達できるというメリットがあります。
自社の安全衛生方針がわかっていても、伝える又は教えるスキルが不足がちです。

また、「外部の声」も場合によっては有効が高い場合があります。

◆コストメリット

人件費だけでなく、教育や育成のコストも含まれます。
監査人は相応の知識と経験を必要としますので、それに相応しい人件費、そして育成のためのコストと時間がかかります。

アウトソーシングにより、これらのコストを削減することができます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください

 

PAGETOP